ログハウスに住もう

ログハウスであのなんとも言えない香りに癒されよう

ログハウスは、誰でも一度は憧れるのではないでしょうか。あの独特の香りがたまらない方も多いです。しかし、メリット、デメリットがあります。この2つをよく検討して購入を検討することが重要です。憧れだけでは住めないです。

まず、メリットについて見てみましょう

ログハウスは、薪ストーブで部屋を暖めますが、一度暖めてしまうとなかなか寒くならない点がいいです。木材でできているので木自体が呼吸をしているので、自然に温度をコントロールしてくれます。次に、香りを考えてみると独特の香りに癒される方が多くこの香りを嗅ぐために住む方もいるくらいです。太古の記憶が蘇がえり、自然が作り上げた木の生命を感じて元気になるのです。ログハウスには流行がなく、いつまでも飽きのこないスタイルも魅力の1つです。メンテナンスを定期的に行っていれば何十年も住むことができます。いつまでも新築のような家に満足するはずです。夏涼しく、冬暖かいのも魅力です。夏は一階が涼しく冬は二階が暖かいのです。

デメリットを見てみましょう

ログハウスの一番のデメリットは、メンテナンスがとても大変ということです。外壁の塗装は5年に1回防腐塗装をしなければいけません。もちろん業者に任せますが、金額がはるため自分で塗装する方も多いです。害虫対策も大変で大量の墨を床下にひきつめます。この部分でもコストがかかります。雨漏りも対策しなければなりません。多少の雨漏れは当たり前という感覚が必要です。木と木の間に隙間があるためにコーキングで定期的に埋めなければなりません。窓やドアの部品が年数とともになくなってしまうこともデメリットの1つです。このような項目がおっくうになる方はログハウスは、難しいのではないでしょうか。このデメリットを自分の力でメリットに変えていくことを楽しめる方にはいいです。

創意工夫の出来る方向き

ログハウスのメリット、デメリットごと好きになっていくことがログハウスに住んで楽しめる方です。家に住むというより生き物と暮らしていくという感覚がないと難しいです。家族が病気になったら治します。それと同じように接することが大切です。メンテナンスも苦にならなくなります。年々愛着が湧いてきます。創意工夫でどうにでもなります。外壁の塗装でも塗ること自体を趣味にしてしまい楽しんでしまう。防虫対策も多少の虫は無視する。多少の雨漏りは、お皿を置いてその音が音楽に聴こえるぐらいの感覚が大切です。メリット、デメリットも含めてログハウスと仲良くやっていくのが重要です。家ではなく、1人家族が増えたという感覚で接していけば苦労は感じないはずです。